コウモリ撃退法と注意点

subpage1

コウモリ撃退法は害虫用燻煙剤やお香、忌避剤などを利用しましょう。

夕方から宵のうち辺りに一斉に飛び立ち、ユスリカや蛾などの害虫を捕食してくれることから、益獣扱いされています。

コウモリ撃退法の人気が上昇しています。

その為鳥獣保護法の対象となって、無許可や無申請での捕獲、殺処分すると法に触れる可能性があります。

難しいようなら、専門の業者さんに御願いするのが良いでしょう。
家の屋根裏や天井裏、倉庫や網戸の戸袋、高速道路の橋脚の隙間など、人工物に住み着く唯一のコウモリが通称イエコウモリと言われる、アブラコウモリです。


住みつかれると糞や尿が溜まり、害虫がよって来たりして二次被害が起こる可能性がありますので、お引き取り頂くのが良いでしょう。

ご自分でなさる場合、コウモリ撃退法としては、コウモリが巣からいなくなった時がチャンスです。



少しでも残っていると繁殖しますので、上記のように害虫用の燻煙剤やお香、忌避スプレーなどですっかり追い出します。

飛び立つところをよく観察して出入り口を特定することが大切です。
非常に小型のコウモリのため、1.5から2センチくらいの隙間があれば戻ってきてしまいます。コウモリ撃退法のコツはいかに出入り口を塞ぎ、戻ってくるのを阻止するかにかかります。



出入り口が分かったら、パテや金網などですばやくふさいでしまいましょう。


また、コウモリは目が弱く超音波でものを認識することがあるので、強力な磁石をその付近に設置するのも効果があるようです。

ホームセンターや100円ショップなどで購入可能です。