Skip to content

フランスのホテルの特徴

フランスにはアパートや豪華なシャトーなど様々な宿泊施設がありますが、一般的な観光客に人気なのはホテルです。

フランスのホテルはチェックインが15時なのが多いです。それより前に訪れても部屋に案内されません。事前に早く来ることを連絡すると、チェックインが早くなることもあります。

日本人観光客は、バスルームの状態を気にすることが多いです。欧米ではシャワーのみで浴槽がないことが珍しくありません。特に格付けで星の数が少ないホテルほど、バスルームが充実していません。

フランスには星の数が多い施設が揃っているので、多くの観光客が利用する場所であれば問題ありません。空調設備に関しては、暖房は付いていても冷房設備はないというパターンが多いです。

フランスの夏は日本と比べると気温が低くて過ごしやすい環境なので、基本的に冷房を使いません。ただしまれに猛暑となる年があります。

暑がりの人は、念のため冷房設備が整っているか確認するのが良いです。中級ホテル以下では、アメニティが石鹸やシャワージェルであることが多いです。

シャンプーは日本人の髪質に合わない可能性が高く、室内スリッパがありません。シャンプーとリンス、洗顔料、ハミガキセットは現地で事前に購入します。

フランスでは室内の公共スペースでタバコを吸うことが法律で禁止されています。また廊下をパジャマやスリッパのまま出歩くのは、マナー違反なので、しっかりとした服装に着替えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *