Skip to content

ホテル生活を送る場合

自分には関係ないと思っている方も多いのですが、ホテル住まいを余儀なくされたり、自らホテルでの生活を選ぶ可能性は誰にでも発生します。

例えば、思わぬ時に転勤命令が出た場合、転居先が見つかるまでの繋ぎとして、とりあえずホテルで生活する。遠方の家族が急な体調不良を起こし介護に帰るも、自宅のスペースの関係上寝泊りする部屋が無い為、近隣のホテルで生活する。

昨今発生する自然災害に於いては言わずもがな、まずは居住空間の確保が精神を安定させる第一の要素とも言われます。このように、老若男女問わず、他人事ではありません。

滞在期間は1週間から1ケ月、長い人で3ヶ月に及ぶケースもあります。海外赴任中の場合はもっと長くなるでしょう。この際、自宅と変わらずリラックスして疲れを取る事がポイントとなります。

ホテルの備品だけでは不便な場合、了承を得て大型家電を持ち込む事も可能です。例えば持ち運び可能な洋服掛け、靴箱等、少しでも自宅に近い環境を整える事が大切です。

トラブル回避の為、事前にフロントに申請する事を忘れないでください。長期滞在になると、つい荷物が増えがちですが、それより気を付けたいのは整理整頓を怠らない事です。

自宅と違って清掃担当者が定期的に掃除に入ってくれます、その際あまりに散らかった部屋では不信感を抱かせてしまいます。

長期滞在になる程、双方気持ちの良い関係を築き、安心して生活スペースを借りる事を大切にしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *